MENU

斎場システム更改

概要 既設システムと新規要件を踏まえた斎場システムの更改
規模 2斎場76炉、火葬件数:年間約26,000件
導入商材 WEB予約システム、案内表示システム、会計システム、自動釣銭機
システム更改前の運用方法を踏襲しながら、新たな機能要件を実現するため、弊社システムにカスタマイズを加え再構築。
霊柩車の到着順や火葬状態に合わせて、リアルタイムに内容が更新される案内表示を実現。また、2斎場を統合したWEB予約システムを構築し、空き状況がわかりやすい表示と火葬種別や大型炉の選択が可能な多機能性を有し、不正な予約枠抑えにも対応できる環境を構築しました。

自動釣銭機と連携した会計システムにより、会計ミスの削減と会計スピードを向上、現金誤差がなくなり出納管理が容易に行える環境も構築。合成音声ソフトを用いた自動放送による、収骨案内を実施。火葬ごとに利用中の待合室を自動選択しての出力や火葬家名の読み上げ有無の選択、容易な再放送が可能になりました。

2斎場間のシステム連携を、複数キャリアのVPNサービスを用いて冗長化。本運用前に試用期間を設け、システム習熟後に安心して導入できるスケジュールで構築しました。

一覧へ戻る

タグで絞り込み

ソリューション紹介