MENU

IoT・デジタルサイネージ

企業等のPRから情報発信、接客ツールまで幅広く安心して運用することができます

IoT・デジタルサイネージとは

IoT・デジタルサイネージとは

デジタルサイネージとは、屋外や店頭、公共交通機関などのあらゆる場所に電子的な表示機器を使用して情報を発信するメディアです。自動販売機や案内パネルなど、様々な場所で利用されており、広がりを見せています。
今後はより身近な場所で活用する機会が増えことが期待され、環境系IoTセンサなど、様々なシステムと連携し、利便性の高い情報配信をおこなうことができます。また、コンテンツの配信を一元管理により、案内対応のコスト削減効果も期待できます。

サービス紹介

デジタルサイネージは、これまでの看板やポスターと違い、ディスプレイ端末にデジタル化されたコンテンツを表示します。複数の画像情報をスライドショーのように表示したり、動画の配信や時間帯によって表示内容を変えるなど、臨機応変さが紙媒体との一番の違いと言えます。

スタンドアロン型

スタンドアロン型

簡易型デジタルサイネージは、USBメモリまたはSDカードからデータを読み込んでコンテンツを更新します。再生可能なコンテンツは静止画もしくは動画のみで、電源ON/OFFのタイマー機能、複数の静止画及び動画を繰り返し再生するスライドショー機能を搭載しています。単パネルで移動可能な看板タイプのサイネージに設置場所に適したタイムリーかつピンポイントな情報発信を可能にします。ネットワークに接続せず、USBやSDカードにコンテンツ(デジタルサイネージに表示する画像・動画など)を入れて、デジタルサイネージで再生させる種類です。シンプルで使いやすく、コンテンツを頻繁に更新する必要がない利用シーンに向いています。

ネットワーク型

ネットワーク型

ネットワークに接続された、通信機能を持ったデジタルサイネージです。様々なコンテンツをネットワークを介して配信することができます。複数デジタルサイネージを設置していて、コンテンツを更新したい場合に、1つの管理用PC(デジタルサイネージをコントロールするためのソフトが入ったPC)から、複数のデジタルサイネージへ同時にコンテンツを配信することができるため、とても便利です。

マルチディスプレイ型

マルチディスプレイ型

複数のディスプレイを組合わせて大画面を演出したり、異なった映像を各ディスプレイで一度に映したりするシステムです。また、組み合わせる枚数によってサイズは様々。静止画や動画など映像種類を問わず、オールラウンドのマルチパネルです。普段はサイネージとして利用、講義やプレゼンでも利用できるよう切替装置を設置し、HDMI入力ができるようになります。(大学での事例)

LEDビジョンタイプ

LEDビジョンタイプ

大型LEDサイネージまで、多彩なラインナップで情報発信をご提案します。LEDビジョンの特徴として、他のディスプレイと比べて圧倒的に明るく鮮明に映すことができます。また、消費電力が低く長寿命で耐久性にも優れており、特に表示時間が長い用途にはコストパフォーマンスが期待できます。LEDビジョンは小さいパネルの組合せで構成するため、レイアウトに合わせて多彩な形状で映像を表現することも可能です。